社会福祉法人 京都社会事業財団 西陣病院
〒602−8319 京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1035番地
TEL:075−461−8800  FAX:075−461−5514
>募集案内 >交通案内 >サイトマップ
ニュース 院内案内 各診療科 患者さまへ 医療設備 医療機関の皆様へ HOME


 

透析センターのご案内

 

その他の取り組み

 

外部リンク

 

 


 

 

腹膜透析について TOP > 透析センターのご案内




 腹膜透析とは、腹膜(内部臓器の動きを滑らかにし保護する生体膜)と腹腔(臓器内の隙間)を使って体内で透析を行うもので、腹腔内に埋め込まれたカテーテルを通して透析液を腹腔内に貯留します。

 貯留している間に血液中の過剰な水分や老廃物が、腹膜を通して透析液に移動しカテーテルを通して体から排出します。この操作をバッグ交換といい、体格や個々の体調に応じて1〜2Lの透析液を1日1〜5回、患者さん自身か介助者の方が自宅で行う治療です。この液の出し入れを、寝ている間に機械を使って自動で行う方法もあります。週に2〜3回しか治療しない血液透析に比べると、24 時間連続的に体内で透析をしているので体に負担が少なく、高齢者にも向いているといわれています。

 また残存腎機能(尿)が比較的長く保持されることや、カリウムの制限が緩和されることも長所としてあげられます。しかし、腹膜は生体膜のため、現在の医学では5〜8年くらいが継続の限界といわれています。

 腹膜透析外来は、隔週・完全予約制で患者さん一人ひとりの在宅治療の様子や、カテーテル挿入部(出口部)のケアを行っています。現在当院では十数名の患者さんがおられ、腹膜透析外来の待合は、患者さん同士の情報交換の場としてとて も和やかな雰囲気です。

腹膜透析の特徴

体内の腹膜を利用して血液を浄化します。
カテーテル留置が必要です。
24時間連続で透析を行います。身体に負担が少ないです。
家庭や職場など、社会生活の中で、患者さん自身もしくは家族の方が行います。




腹膜透析外来のご案内

 腹膜透析を実施されている患者さんは、2週間に1回程度、診察のために病院に来ていただき、採血や各種検査を実施し、腹膜透析がうまく行えているかを診察します。



↑このページのTOPへ