社会福祉法人 京都社会事業財団 西陣病院
〒602-8319 京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1035番地
TEL:075-461-8800  FAX:075-461-5514
>募集案内 >交通案内 >サイトマップ
ニュース 院内案内 外来 患者さまへ 医療設備 医療機関の皆様へ HOME
外来

診療時間・担当医表


外来 TOP > 各診療科 胆石外来
ヘルニア外来 Herniology
受付時間は月~金の16:30~19:00

胆石外来について

 胆のうとは肝臓でつくられた胆汁(たんぱく質や脂質の消化・吸収を助ける液)を貯蓄する約30ccの小さな袋状の臓器です。胆石症は、胆のうの働きがなんらかの原因で悪くなり、その胆のうの中で胆汁が結晶を作ることで石ができてしまう病気です。胆石は10人に一人ぐらいの割合で存在し、多くは無症状で経過します。しかし、胆石症の約2割の方に症状がでるといわれており、その症状は、脂肪の多い食事の摂取後に突然の上腹部痛、右季肋部痛が出現するのが特徴的です。痛みは右肩・背部にしばしば放散し、悪心や嘔吐を伴うことがあります。

 治療としては主に腹腔鏡下胆嚢摘出術が行われますが、当院ではさらに体に負担のかからない方法としてキズを1か所しかつけない、単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。


病院広報誌より

西陣病院の広報誌、「西陣病院だより」に掲載しました外科医師の記事を紹介いたしております。

単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術について -傷の無い手術を目指して- : 2010年5・6月号 宮垣 拓也
胆石外来の開設について : 2010年3・4月号 高木 剛


↑このページのTOPへ