Warning: fopen(../../doctorlist.html) [function.fopen]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/mw2p5j8euh/www/htdocs/outpatient/circulatory/index.php on line 2

Warning: filesize() [function.filesize]: stat failed for ../../doctorlist.html in /usr/home/mw2p5j8euh/www/htdocs/outpatient/circulatory/index.php on line 3

Warning: fread() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2p5j8euh/www/htdocs/outpatient/circulatory/index.php on line 3

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /usr/home/mw2p5j8euh/www/htdocs/outpatient/circulatory/index.php on line 4
循環器内科 -西陣病院-
社会福祉法人 京都社会事業財団 西陣病院
〒602-8319 京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1035番地
TEL:075-461-8800  FAX:075-461-5514
>募集案内 >交通案内 >サイトマップ
ニュース 院内案内 外来 患者さまへ 医療設備 医療機関の皆様へ HOME
外来

診療時間・担当医表


外来 TOP > 各診療科 循環器内科

内科 Internal medicine department


循環器内科について

 

丁寧な診察を心がけています。

■内科 部長 中森 診

 食生活の欧米化の進んだ現在、特に虚血性心疾患の治療に関しては、社会的な必要性が日増しに高まっています。 当院では、予防医学の観点からは、生活習慣病改善のための栄養士による栄養指導に始まり、急性心筋梗塞・急性心不全や高度徐脈の発症時には緊急治療を実施することによりそのニーズに答えるべく、スタッフ一同日々努力いたしております。 また、比較的症状の安定した患者さんに対しては、外来での心電図検査・心臓超音波検査・ホルター心電図(携帯型24時間心電図)・負荷心電図検査などで精査し、入院期間の短縮を図っています。

平成18年9月19日より新本館竣工に伴い64列心臓CTが導入され、動脈硬化による石灰化が極めて強い病変を除いて、心臓カテーテル検査でカテーテルを体内に挿入することにより起こり得る合併症(脳梗塞や動脈損傷など)の危険性を伴わずに、冠動脈病変(動脈硬化で冠動脈が狭くなっていないか)の有無を検査できるようになりました。

動悸、息切れ、胸痛等の症状で循環器疾患がご心配の方は、内科外来にお越しください。

 

外来で行える検査について

心電図検査 安静時の不整脈・伝導障害・心筋虚血・心肥大を調べます。

 

心臓超音波検査 心臓の動き・弁膜症・心臓内血栓の有無を安全に調べます。

 

マスター2階段負荷心電図 運動時に胸痛・胸部不快感の症状がある方に行います。3分間、2段の階段の昇降運動をして、運動前後の心電図を比較します。

 

ホルター心電図(携帯型24時間心電図) 胸痛発作、失神発作、及び頻脈発作等を認める方に行います。胸部に5つの電極を付け、日常生活での24時間の心電図を小型の記録器に記録します。検査中は電極が付いているため、シャワーを浴びることや入浴はできません。

 

トレッドミル運動負荷心電図(予約検査) 運動時に胸痛・胸部不快感の症状がある方に行います。心電図と血圧計を付けた状態でベルトコンベアの上を歩き、運動中の心電図変化を記録します。歩きやすい服装と運動靴でお越しください。

 

四肢血圧脈波速度測定検査 仰向けに寝た状態で四肢(上腕と足首)の血圧を同時に測定し、血管の詰まり具合や動脈硬化の程度を調べます。

 

64列心臓CT 静脈に造影剤を注入し、造影剤が心臓の血管に達した時に心臓を高速で撮影し、冠動脈の状態を調べます。15秒弱の息止めが必要ですが、造影剤による合併症以外の危険性はありません。

 

 

入院が必要な検査について

心臓カテーテル検査

1:冠動脈、左室、および大血管造影

(虚血性心疾患・心臓弁膜症・心筋症)

手首・肘や足の付け根からカテーテルを挿入して、冠動脈などに造影剤を注入し、冠動脈の状態を精密に調べます。 疾患により、弁の逆流の程度や心筋の状態を調べます。

 

2:心臓電気生理学検査

(不整脈)

足の付け根や首の静脈から心臓に電極カテーテルを挿入し、心臓を刺激して心臓の反応を調べます。
房室ブロックや洞機能不全症候群のために心拍数が極端に減少し意識消失発作や心不全を認める患者さんや、頻脈発作がある患者さんに行う検査で、不整脈の原因を精査し治療方法を決めます。

 

3:心拍出量測定

(うっ血性心不全)

足の付け根や首の静脈から肺動脈にカテーテルを挿入し、心拍出量(心臓が1分間で送り出す血液の量)や心臓内の血圧などを測定して心不全の程度を診断し、治療方針を決めます。
冠動脈造影検査と同時に行うこともあります。

 

入院が必要な治療について

1.経皮的冠動脈形成術 及び 経皮的冠動脈ステント留置術 (PCI : percutaneous coronary intervention)

64列心臓CT検査や冠動脈造影検査で、冠動脈狭窄病変の部位及び程度が判明し、必要かつ可能と判断された方が対象となります。 手首・肘・足の付け根からカテーテルを挿入し、冠動脈の狭くなっている部位をバルーン(風船)やステント(筒状の金網)を用いて拡げますが、危険性が大きいと判断した場合には、冠動脈バイパス術を目的に心臓血管外科のある病院を紹介させていただきます。

 

2.各種血管拡張術(腸骨動脈、大腿動脈など) (PPI : percutaneous peripheral intervention)

左記の血管の狭窄による下肢の歩行時痛、冷感、しびれなどを認める方が対象になります。

 

3.永久ペースメーカー移植術

心臓電気生理学的検査やホルター心電図で適応と判断された方が対象になります。


「日経メディカル」誌への記事掲載について

 日経メディカル 2008年10月号(京都版)に、「西陣病院における泌尿器科と循環器科のチームによるPAD治療」の記事が掲載されました。「PAD診断・治療の最前線」として掲載していただいておりますので、是非ご覧下さい。

   「日経メディカル」誌、2008年10月号(京都版)より PDFファイル 3.66 MB

   ※出典 日経BP社 日経メディカル 2008年10月号(京都版) 1-4頁

 

院内広報誌より

植え込み型ループレコーダー「ILR」について : 2017年3・4月号  中森 診
循環器内科の紹介 : 2016年3・4月号  中森 診
閉塞性動脈硬化症(ASO)について : 2015年3・4月号  髙田 七重
心房細動と現在使用されている抗凝固薬について : 2014年7・8月号 小林 由佳
心心血管病の早期発見早期治療に24時間血圧測定検査をご存じですか? : 2012年11・12月号 角田 聖
心房細動に対する抗凝固療法について : 2012年3・4月号 北村 亮治
心不全について : 2010年7・8月号 中森 診
冠動脈石灰化について : 2009年11・12月号 北村 亮治
心房細動について : 2008年11・12月号 中森 診
薬物溶出性ステントについて : 2007年7・8月号 中森 診
心臓CT検査 (虚血性心疾患の診断) : 2007年3・4月号 中森 診

 

診療時間・担当医


 

 

担当医師の紹介です

職名
氏名
卒業年次
専門分野 / 専門医・認定医 診療についてのモットー
内科部長
中森 診
H6
専門:循環器疾患 常に平常心で
内科副部長
北村 亮治
H8
専門:循環器疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
医学博士
日本心血管インターベンション治療学会認定医
ハートフルな医療を
心掛けます
内科副部長
角田 聖
H9
専門:循環器疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会認定専門医
京都府立医科大学臨床講師
日本循環器学会認定専門医
日本高血圧学会評議員・FJSH
日本脈管学会脈管専門医
医学博士
患者様にわかりやすく説明したいです
内科医長
小林 由佳
H14
専門:循環器疾患、内科一般
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本循環器学会専門医
丁寧な診療
内科医長
高田 七重
H21
日本内科学会認定内科医 「性格は大らかに、診療は細やかに」を心掛けています。

 



↑このページのTOPへ