社会福祉法人 京都社会事業財団 西陣病院
〒602-8319 京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1035番地
TEL:075-461-8800  FAX:075-461-5514
>募集案内 >交通案内 >サイトマップ
ニュース 院内案内 各診療科 患者さまへ 医療設備 医療機関の皆様へ HOME
看護部

 

看護部のご案内

 

看護師募集

 

応募・お問い合わせ

 

看護部 TOP > 看護部

西陣病院の看護部
目次


理念と基本方針

看護部理念

私たちはその人らしさを尊重した看護を提供し、自立を支援します

看護部基本方針
一、 思いやりのこころと、あたたかい笑顔を心がけます
一、 安心できる看護を提供します
一、 いきいきした職場づくりに努めます


西陣病院看護部卒後教育

現任教育

西陣病院看護部では、病院の特徴に合わせた現任教育を行い、基本的な知識や技術を学べる体制が整っています。 経験年数別に研修を行い、個人の成長に合わせたステップアップを支援しています。


新人教育

プリセプター制度を取り入れた新人教育を行っています。
プリセプターを含め、スタッフ全員でサポートします。新人教育プログラムも充実しており、新人看護師がリアリティショックを克服し、 配属部署で"看護師として仕事をしていける"という自信が持てるようにバックアップしています。


キャリア開発

キャリア開発の一環として、認定看護師研修受講の支援体制をとっています。また、院外研修の受講も積極的に支援しています。


西陣病院の目指す看護
1. すべての患者様の命、人生、価値観を尊重し、人としての尊厳を守ります。
2. 患者様が安心できるその人にあった、安全・安楽で、そして自立を支えるための看護を提供します。
3. プロフェッショナルであるという自覚と責任とプライドを持ち、他の医療従事者と協働し、
患者様にとってより良い結果を出す看護を提供します。
4. 地域の人々に貢献する看護を提供します。
5. 時代やニーズの変化にあった看護を提供します。

教育理念

専門職業人として主体的かつ継続的に質の高い看護実践ができ、社会人・組織人として幅広い人間性を持つ看護師を育成する。


教育目的

専門職として常に本質を追求し、科学的、創造的、かつ主体的な看護実践を目指し、感じる心と考える力とかかわる力を育成していく。そして、豊かな感性と優しさを持って看護が提供できる看護師が育つよう、キャリア開発ラダーのレベルに応じ学びを支援する。


教育目標
1. 感性豊かな人間性を養い、倫理に基づいた行動ができる姿勢を育成する。
2. 専門職業人として、エビデンスに基づいた看護実践ができる能力を育成する。
3. 組織における自己の役割を自覚し、責任ある行動がとれるよう支援する。
4. 看護におけるリーダーシップ、マネジメント能力を育成する。
5. チーム医療に参加し、看護の立場で責任もって発言・行動できる能力を育成する。
6. 各自が発想を豊かにし創造的に主体的に行動できるよう支援する。

教育方法
1. 成人学習の概念にのっとり、指導者は学習者の支援者としての役割を果たす。
2. 集合教育が職場で活かせるように、職場での疑問が集合教育で解決(フィードバック)できるよう工夫する。
3. 内的動機づけで学習者のやる気を引き出す。
4. 学習により、問題点が解決に向かうように支援する。
5. 評価は指導者と学習者の両者が行い、学習に対する満足感や仕事に対するやりがいをもつことができるよう支援する。


新卒看護師教育プログラム

西陣病院では下記のとおり勉強会を実施しています。まず最初に行われる「新卒看護師オリエンテーション」では接遇や社会人、病院職員として必要な知識の学習から感染対策(手洗い、廃棄物の処理方法など)や医療安全(誤薬、患者誤認、転倒転落予防など)、看護記録(情報端末の取り扱い、カルテの見方など)といった看護師として必要な基礎知識を集合研修で学習します。


●新人看護職員研修
4月 全体オリエンテーション
基礎看護技術研修,実地研修Ⅰ
接遇①
輸液・シリンジポンプの取り扱い
ハイリスク薬剤
危機管理
5月 日勤研修開始
スキンケア
シーティング
フォローアップ研修①
6月 心電図について①
多重課題研修(シミュレーション研修)
接遇②
7月 早出・遅出研修開始
心肺蘇生
フォローアップ研修②
心電図について②
8月 緊急入院・重症患者の看護研修
人工呼吸器について①
輸血・血液製剤の取り扱い
9月 夜勤研修開始(準夜勤務)
フォローアップ研修③
フィジカルアセスメント
10月 夜勤研修開始(深夜勤務)
おむつ交換について
急変時対応シミュレーション研修
11月 嚥下について①
フォローアップ研修④
12月 嚥下について②
12月~1月 実地研修Ⅱ
2月 ペースメーカーについて
人口呼吸器について②
人工呼吸器装着中の患者への看護
3月 フォローアップ研修⑤(1年間のまとめ)

 

講義内容は新卒看護師の業務の進み具合や新卒看護師及び現場のスタッフの意見を参考に決定しています。
表を見て「毎月、集合研修?」と思われたかもしれません。同期の仲間が月に一度会うことで、同期の絆を深めることが出来る機会になることを期待して企画しています。



現任教育プログラム

 

●看護部教育委員会主催研修会
研修名
対象
看護倫理研修 全員
ケーススタディ
卒後2年目及び6年目以上
看護過程
卒後2・3年目
プリセプター研修
卒後3年目
アソシエイト研修
卒後5年目
急変時対応
  シミュレーション研修
全員
コミュニケーション研修
卒後2年目
リーダー研修
卒後3~5年目
看護研究
卒後6年目以上
ナラティブ研修
卒後6年目以上
看護アシスタント研修
看護アシスタント

その他、医療安全委員会、感染予防委員会、褥瘡対策委員会、NST委員会等主催の勉強会があります。

 

今まで紹介したのは教育委員会主催の勉強会ばかりでしたが、各部署では、専門的な勉強会を実施しています。例として、

病棟では
・心疾患と心電図、糖尿病と薬剤
・CAPDの基本的理解、消化器手術の術後管理
・ストーマケア、ターミナルケア、転棟転落の予防
・認知症の理解、褥瘡の予防と処置  など

外来では
・内視鏡処置検査
・癌化学療法
・皮膚科処置  など

透析センターでは
・電解質、シャント管理  など

手術室では
・手術体位による損傷の予防 など
例以外にも院内ではさまざまな勉強会が実施されています。
院外の勉強会にもたくさんのスタッフが参加しており、いろいろなことを学びやすい職場環境です。
「日々進歩する医療、看護を勉強し、良い看護が提供できる」をテーマにわたしたちは日々頑張っています!

 

↑このページのTOPへ