NEWEST /    BACK >

前立腺がんについて

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)


大西先生 腎臓・泌尿器科 医長 大西 彰

前立腺
 前立腺は男性だけにあり、精液の一部を作っているクルミ大の臓器です。前立腺がんは年々増加しており、昨年男性で新たにがんと診断された数が、胃がん肺がんを抜いて1位となりました。ただし、進行が遅いことが多く、治療法も多数あるので早期発見早期治療が大切です。今回は前立腺がんの治療を中心にお話しします。


 前立腺がんには大きく分けて3 つの治療法があります。
 手術療法、放射線療法、内分泌療法です。前立腺がんの進み具合に応じて、最適な治療を選ぶことができます。


 1,手術療法
 前立腺内に限局しているがんのみが対象になり、基本的に前立腺をすべて摘出します。摘出後は膀胱と尿道を再吻合します。手術方法には、開腹手術、腹腔鏡手術の他に、2012 年に保険適用となったロボット手術があります。どの方法も一長一短ありますが、当院では開腹手術を行っています。ロボット手術は出血量や合併症(尿失禁や性機能低下)が少ないといわれており、今後急速に普及していくものと思われます。希望される方は大学病院などを紹介することも可能ですので、遠慮せずおっしゃってください。


 2,放射線療法
 手術と同じく転移のないがんが対象で、根治率は手術とほぼ同等です。放射線療法には、外照射療法と密封小線源療法があります。外照射は文字通り、体の外から患部に放射線を照射する方法です。周囲への不要な被ばくやダメージを減らすIMRT(強度変調放射線治療)という方法が最近の主流です。密封小線源は前立腺に線源を埋め込み、内部から放射線をあてます。下痢や皮膚症状などの副作用がより少なく短期間で治まります。これらは当院では行っておらず、希望される方は他院に紹介することになります。
 また、さらにピンポイントに照射できる粒子線治療という方法がありますが、保険がきかず、現在は300万円程度の治療費が必要となります。

 3,内分泌療法
 すべての進行度のがんが対象となります。前立腺がんは、男性ホルモンの働きによって進行するので、その働きや分泌を止めることで進行を抑えることができます。
 精巣から分泌されるテストステロンという男性ホルモンを抑制するのがLHRH アナログ(もしくはLHRH アンタゴニスト)という注射薬です。これに副腎から分泌されるアンドロゲンを抑制する、抗アンドロゲン薬の内服を併用する方法(CAB: combined androgenblockade)が広く施行されています。ほてりや骨粗しょう症、ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)などの副作用はありますが、基本的には安全に施行される治療法です。ただし、ずっと効果が持続するわけではなく、治療が効かなくなる時が訪れますので、その際は飲み薬の変更などで対応します。2 年前に新規薬剤が相次いで使用可能となり、治療の選択肢が増えました。

 前立腺がんは早期発見早期治療によって、完全に治すことができるがんです。気になる方は一度、腎臓・泌尿器科に受診してください。

| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

大腸の検査受けていますか?

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



鄭Dr 内科医長 鄭  哲臣

 近年、大腸癌に罹る人が増えてきています。2013 年に、男性では罹る癌で初めて第1位となり、女性でも乳癌に次ぐ第2位(死因では第1位)となっています。そこで、どんな人がなりやすいのか、予防法などについて説明させていただきたいと思います。
 

◆増加している原因は?
 牛肉などの赤身肉や、乳製品の過剰摂取による動物性タンパク質と脂肪の摂取が増える一方で、野菜など食物繊維の摂取が低下しており、この「食生活の欧米化」が大腸癌の増加と深く関係していると考えられています。また、運動不足による肥満、飲酒や喫煙も大きく関与しており、「大腸癌は生活習慣病である」とも言われています。


◆予防法は?
 最も有効といわれているのが運動です。肥満を避けるために1日1時間のウォーキングが推奨されていますが、無理のない範囲でよいので意識して運動するようにしましょう。次に、お肉や乳製品の摂取はほどほどに、野菜など食物繊維の十分な摂取を心がけてください。
 そして、早期発見・早期治療のためにも大腸内視鏡検査を受けましょう。


◆早期発見できれば大腸癌は怖くない!

 大腸癌は早期発見でほぼ100% 治ると言われていますが、現実には癌死因の疾患として男性では第3位、女性では第1位となっています。それは、血便や細い便など自覚症状が出た段階で、既にある程度進行した状態であることが多いからです。

 完治には自覚症状のない早期の段階で発見することが重要です。そのためにも定期的な大腸内視鏡検査は非常に有効です。当院ではOLYMPUS社製のPCF-H290ZI という拡大観察機能を備えた最新の内視鏡を採用しています。この内視鏡は、従来の内視鏡と比べて細径で患者様の苦痛が少なく、なおかつ超高画質で詳細観察にも長けているのが特徴です。気になる方は、ぜひ一度検査を受けてみてください。





| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

看護の日2016年

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



皮膚・排泄ケア認定看護師 多氣 真弓



 今年も、7月23日(土)に「ふれあい看護体験」と「ふれあい健康相談」を開催しました。

 「ふれあい看護体験」では、3名の高校生が、食事介助や全身清拭などを看護師と一緒に実施しました。患者さんとお話ができてよかったとの感想も聞かれ、充実した1日になったようです。

看護の日写真 また、「ふれあい健康相談」に外来患者さんや付き添いのご家族の方、計21名の方がご参加下さいました。血圧測定や身体計測、介護相談、感染管理認定看護師から熱中症やデング熱の話、皮膚・排泄ケア認定看護師は皮膚の潤い度チェックとスキンケアを行いました。糖尿看護認定看護師は、今年から糖尿病相談に加え、みなさまが足のケアに関心を持っていただけるようフットチェックを行いました。参加された方からは、専門的な話が聞けてよかったとのお言葉をいただきました。




 西陣病院は、地域に根ざした病院であり、地域の方々とふれあう場として趣向を凝らしながらこの催しを継続していきたいと考えております。



| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

西陣病院でボランティアをしませんか

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)


ボランティア
 西陣病院でボランティアさんが活動されているのを見かけたことはありますか? ピンクのエプロンを着けて活動されている方がボランティアさんです。現在、西陣病院では2名の方がボランティアをされています。(7/5現在)
 活動内容は、院内での案内や誘導。車椅子・傘・雑誌の整理。花の手入れや水やり。透析患者さんへの食事のお手伝いなどです。都合のいい曜日、時間で活動して頂いております。

あなたのやさしさを活かしてみませんか



| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

手術と麻酔に影響する サプリメント

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



薬剤師 薬剤部 薬剤師  國枝 亜矢香



 日常的に健康食品やサプリメントを使用されている方をよく見かけます。ドラッグストアだけではなく、インターネットやテレビ通販などで手軽に購入出来ることも一つの要因かもしれません。医療用医薬品や一般用医薬品とは少し異なるサプリメントですが、手術の予定がある方ではサプリメントを中止するよう説明しています。
 毎日飲み続けないと効果がないので手術前も入院中もサプリメントを飲んでいました、と言われる手術予定の入院患者さんが時々おられます。しかし、このようにサプリメントを中止しないと、手術をお断りする場合があります。

なぜ手術前にサプリメントを中止するのでしょうか?

 手術前にサプリメントを中止しないと、手術による出血の危険性を高めたり、麻酔が効きすぎたりすることで、安全な手術を行えない場合があります。
 このような予定外の危険(有害事象)が起こると、そのために新たなお薬を使用しなければならなくなるかもしれません。

 予期せぬ出血や血腫の危険性が高まる可能性のあるサプリメント
イチョウ葉エキス、魚油(EPA、DHA)、ガーリック(にんにく)、朝鮮人参、ジンジャー(しょうが)、ビタミンE など

 麻酔薬の作用を強めたり、心臓の機能に影響を及ぼしたりする可能性のあるサプリメント
セントジョーンズワートや朝鮮人参など

 ここに挙げたサプリメントは一部でしかありません。安全に手術を受けていただくために、医師や薬剤師は経験や知識から最も安全だと思える方法を提案していて、それが、「サプリメントを飲まないように」という、私達と患者さんとの約束です。
 手軽に飲めるサプリメントですが、手術の危険性を最小限にするためにも、手術前にはサプリメントの服用は控えて下さいね。


| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)