NEWEST / < NEXT   BACK >

旬の食材「蓮根」

(この記事は2016年1・2月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)


 栄養科 管理栄養士 河本 久美子

蓮根
 11月から2月頃が旬で、秋口に収穫される蓮根はやわらかくあっさりとした味わい、冬は粘りが出て甘みが増します。穴が小さく、ふっくら丸みを帯びた太めで皮につやがあるものを選びましょう。湿らした新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すると長持ちします。
 おせち料理やお祝いの料理では、たくさん穴が開いていることから“将来が見通せるように”との願いが込められています。


栄養メモ
 主成分はでんぷんで、食物繊維やビタミンCを豊富に含みます。粘り成分のムチンは粘膜を保護するので、胃腸の働きを助けてくれます。ポリフェノールの一種であるタンニンには炎症を抑える働きや止血作用があります。


れんこんもち
●れんこんもちのみぞれあんかけ


1人分:
エネルギー 190kcal
たんぱく質5g
塩分 1.3g
材料 (2人分)
  
作り方

(1) 蓮根50gは5mm角にきざみ、残りはすりおろして少し水けをきる。
(2) えびは皮と背わたを取り、半分に切る。ゆり根はさっとゆがいておく。きくらげはもどして千切りにする。
(3) ボウルに【A】を入れてよく混ぜ、2等分にし、中にえび・ゆり根・ぎんなん・きくらげを包み、だ円形に形を整える。
(4) みぞれあん用の大根をすりおろし、水けを切っておく。
(5) 【B】を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつけ、(4)の大根を加えてひと煮立ちしたら火を止める。
(6) 揚げ油を170℃に熱し、(3)を揚げる。
(7) 器に盛り、みぞれあんをかけてねぎとおろししょうがを盛る。
【A】
蓮根 200g
片栗粉 小さじ1
薄口醤油 小さじ1/2
 少々
 えび2尾
 ゆり根15g
 ゆでぎんなん4個
 きくらげ1g
 揚げ油適量
 大根100g
【B】
だし汁 150cc
薄口醤油 大さじ2/3
みりん 大さじ2/3
 片栗粉適量
 ねぎ適量
 おろししょうが適量

| Copyright 2016,01,01, Friday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)