NEWEST /   

医療ソーシャルワーカーの全国大会、京都で開催

(この記事は2015年7・8月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

講演会写真


医療社会福祉課 課長 新保 一葉


京都企画講演 山本 みどり 前課長


 5月28~30日の3日間、「みやこめっせ」にて、第63回日本医療社会福祉協会全国大会が開催されました。当院の医療福祉相談室が事務局となり、京都全域から募った100名以上の実行委員会を編成し、約1年半をかけて準備を進めてきました。

 メインテーマは「時代をつらぬく医療ソーシャルワークの実践~一人ひとりが尊ばれる、排除のない社会をめざして~」とし、全国から1100余名の参加を得ることができました。全国の医療ソーシャルワーカーと学びを深められたことは意義深く、また、参加者から頂いた企画・運営・おもてなしの心への高い評価は、丁寧な準備を重ねてきた事務局にとって大きな喜びとなりました。貴重な経験をさせて頂きました。

 また、「京都企画・時代をつなぐ」のセッションでは、当院相談室を築いてこられた山本みどり前課長による90分間の講演がありました。

講演会写真 テーマは「医療ソーシャルワーカーはどこへ向かうのか~福祉専門職としてのあり方~」とされ、約500人の参加を得ました。参加者からの反響もたくさん寄せられ、西陣病院での長きにわたる実践が、全国の医療ソーシャルワーカーに力強いメッセージとなって届きました。

基調講演 浜 矩子 同志社大学教授

| Copyright 2015,07,01, Wednesday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP /   

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)