NEWEST /    BACK >

大腸の検査受けていますか?

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



鄭Dr 内科医長 鄭  哲臣

 近年、大腸癌に罹る人が増えてきています。2013 年に、男性では罹る癌で初めて第1位となり、女性でも乳癌に次ぐ第2位(死因では第1位)となっています。そこで、どんな人がなりやすいのか、予防法などについて説明させていただきたいと思います。
 

◆増加している原因は?
 牛肉などの赤身肉や、乳製品の過剰摂取による動物性タンパク質と脂肪の摂取が増える一方で、野菜など食物繊維の摂取が低下しており、この「食生活の欧米化」が大腸癌の増加と深く関係していると考えられています。また、運動不足による肥満、飲酒や喫煙も大きく関与しており、「大腸癌は生活習慣病である」とも言われています。


◆予防法は?
 最も有効といわれているのが運動です。肥満を避けるために1日1時間のウォーキングが推奨されていますが、無理のない範囲でよいので意識して運動するようにしましょう。次に、お肉や乳製品の摂取はほどほどに、野菜など食物繊維の十分な摂取を心がけてください。
 そして、早期発見・早期治療のためにも大腸内視鏡検査を受けましょう。


◆早期発見できれば大腸癌は怖くない!

 大腸癌は早期発見でほぼ100% 治ると言われていますが、現実には癌死因の疾患として男性では第3位、女性では第1位となっています。それは、血便や細い便など自覚症状が出た段階で、既にある程度進行した状態であることが多いからです。

 完治には自覚症状のない早期の段階で発見することが重要です。そのためにも定期的な大腸内視鏡検査は非常に有効です。当院ではOLYMPUS社製のPCF-H290ZI という拡大観察機能を備えた最新の内視鏡を採用しています。この内視鏡は、従来の内視鏡と比べて細径で患者様の苦痛が少なく、なおかつ超高画質で詳細観察にも長けているのが特徴です。気になる方は、ぜひ一度検査を受けてみてください。





| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

新しくなった消化器内視鏡センターについて

(この記事は2016年7・8月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)


葛西先生 消化器内視鏡センター長・内科部長
 葛西 恭一


 この度消化器内視鏡センターが新しくなりましたので紹介させていただきます。

 当院の消化器内視鏡センターは日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されており、現在内視鏡医10 名(指導医1名、専門医6 名)、看護師8 名(内視鏡技師4 名)の体制で診療しております。私が当院に赴任した2002 年には年間検査件数は2000 件程度で、通常観察が主体であり特殊な内視鏡検査や内視鏡治療はほとんど行っておりませんでした。その後、NBI という特殊光を用いた内視鏡や拡大観察用の内視鏡、超音波内視鏡専用機等続々と登場する最新の機器を積極的に導入してきました。内視鏡治療手技に関しては、早期消化管癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)や、消化管粘膜下腫瘍や膵腫瘍に対するEUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診)といった新しい技術を積極的に導入し、より高度な内視鏡診療を目指して努力してきました。スタッフの努力のみならず近隣の先生方からご紹介いただく症例の増加もあり検査件数は年々増加し2015 年度の内視鏡検査数は年間約5000 件となりました。

 従来の内視鏡センターは本館地下1 階の画像診断センター内にあり、午前中は内視鏡室で上部内視鏡を、午後からは内視鏡室とX 線テレビ室を使って大腸内視鏡およびERCP(胆膵内視鏡)を行ってきました。X 線テレビ室が一つしかなく、各科共同での使用のため他科に迷惑をかけることも多々あり、検査件数の増加、検査内容の高度化も相まって従来の内視鏡センターでは今後の検査件数の増加に対応していくことは困難な状況となってきました。

 このような現状のなか、本年3 月をもって当院で永年行ってきたPET 検査が終了することとなりました。PET 終了により従来の内視鏡室の隣に約143㎡ のスペースが空くこととなり、このスペースを内視鏡センターとして今回リニューアル致しました。新内視鏡センターは内視鏡室2 室と専用のX 線テレビ室1 室からなり、最大で3 室同時に検査が可能となりました。各検査室とも十分なスペースを確保し、安全に検査・治療ができるようにしました。スタッフの導線にも配慮し、各検査室間をスムーズに移動できるように設計しています。


 スタッフルームには各検査室の内視鏡画像、X 線画像および検査中の患者さんに装着したバイタルサインのモニターがすべて同時に観察できるようにし、複数の検査が同時進行することにより指導や危機管理が疎かにならないように配慮しました。


 内視鏡洗浄室は十分なスペースを確保し、より安全で衛生的な内視鏡の洗浄が可能となりました。


 今後、旧内視鏡室を改修し、回復室や待合室とする予定です。

 以上、新内視鏡センターの紹介をいたしました。より整った環境で内視鏡検査・治療が受けていただけるようになりましたので、どうか安心して当院消化器内視鏡センターへお越し下さい。

| Copyright 2016,07,01, Friday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

ピロリ菌とその除菌について

(この記事は2013年11・12月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



 内科 鈴木 俊生


  ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)という名前を、一度くらいは見聞きされた方も多いのではないでしょうか。この西陣病院だよりでも前に話題として取り上げられていました。当時と多少状況が変わったところもあり再度取り上げることといたしました。

 ピロリ菌は、発見されてまだ30 年ほどですが様々な病気との関連性が解明されつつあります。その中でもわれわれ日本人が見過ごすわけにはいかないのは胃がんとの関連です。

 がんによって亡くなられる方のうち胃がんは、肺がんについで2 番目に多く、年間約5万人の方々が亡くなっておられます。また、年間約10万人の方が新たに胃がんと診断されています。

 ピロリ菌が感染した胃は、慢性胃炎の状態を経てがんを発症すると考えられます。そのため、ピロリ菌の感染をなくすこと( 除菌)は即ち胃がんの発症のリスクを減らすことにつながります。

 そもそも、ピロリ菌は口から体内に入り感染すると考えられており、衛生状態のよくない地域では感染のリスクは高まります。日本ではほかの先進諸国と比べてピロリ菌感染者の割合が高く、国民の50%(50 歳代以上では80%)が感染しているとみられています。若年世代では感染率は低く、戦後の急速な発展にともない衛生状態が改善されことを如実に反映しているといえるでしょう。

 今年はピロリ菌の除菌治療に関して大きな変化がありました。以前から、胃潰瘍、十二指腸潰瘍やそのほかの特定の病気のある方には、ピロリ菌の除菌が保険診療で行われてきました。

 しかし、これまではピロリ菌に感染してはいるけれども胃潰瘍や十二指腸潰瘍などのない方にはピロリ菌の除菌は保険診療では行えなかったのです。とうとう今年(2013 年)2 月より、そういう方の除菌治療も保険診療で行うことが可能となりました。

 ピロリ菌の感染を確認するためには、血液、尿、便、呼気のいずれかの検査か、胃カメラの際に胃の組織をごく少量採取して調べます。

 もし、これらの検査でピロリ菌に感染していることがわかれば除菌されることをお勧めします。

 除菌を希望される方で胃カメラを受けておられない方は、除菌に先立って胃カメラ検査を受けていただく必要があります。

 除菌の方法は数種類のお薬を7日間飲んでいただくだけです。たくさんのお薬を一度に飲んでいただくことになるため、下痢やアレルギーなどの副作用が現れることがあります。その後、除菌がうまくいったかどうかを先ほどの血液、尿、便、呼気のいずれかの検査で調べます。

 この治療で概ね70-80%前後の方々の除菌は成功します。うまくいかなかった方も二回目の除菌治療を受けていただくことができます。

 二回目の除菌治療は、一回目とは種類を一部変更した薬を飲んでいただきます。二回目の除菌まで含めると90% 以上の方のピロリ菌の除菌が成功します。ただし、その後もピロリ菌以外が原因の病気の可能性もありますので定期的に胃カメラを受けていただくのが望ましいでしょう。


日頃からおなかの具合がよくないとお感じの方や、胃の痛みがある方など気になる方は一度ピロリ菌の検査を受けてみてはいかがでしょうか。まずは病院に足を運んでみてください。お待ちしております。

| Copyright 2013,11,01, Friday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

最近の内視鏡の進歩 -超音波内視鏡-

(この記事は2013年5・6月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



曽我先生 内科 医長 曽我 幸一


 超音波内視鏡(EUS:Endoscopic ultrasoundscopy)は内視鏡先端に超音波装置がついており、消化管内から消化管壁や周囲組織・臓器などの診断・治療を行う内視鏡です(図1A)。胃カメラと同じように口から内視鏡を挿入して検査します。通常の胃カメラでは消化管の表面しか見ることができませんが、EUS は表面より深い部分の観察が可能となります。またEUS は体外式超音波検査に比べて目的の病変近くから観察を行うため、胆管炎、胆嚢炎、膵炎等の炎症性疾患の原因精査、消化管粘膜下腫瘍、胆膵癌の早期発見・精査に非常に有用と言われています(図1B)。


 最近はEUS で得られた画像から診断するだけではなく、EUS で観察しながら病変の一部を採取したり、治療したりするInterventional EUSを積極的に行われています。EUSを用いた組織検査(超音波内視鏡下穿刺吸引術:EUS-FNA)は広く普及してきた内視鏡検査と言えます(図1C)。 EUS-FNA をよりさらに発展した技術もあります。穿刺後の針の中にガイドワイヤーを通して、経皮的胆嚢ドレナージ術(PTGBD)や経皮的胆管ドレナージ術(PTBD)を応用したドレナージ(EUS - GBD、EUS-BD)や急性膵炎後の仮性嚢胞に対してのドレナージも行うことができます(EUS-CD)。例えば膵頭部癌で十二指腸浸潤・胆管狭窄を起こした場合に、EUS 下穿刺術を応用しますと、十二指腸球部より拡張した胆管に針を刺して、ドレナージチューブを留置することが可能です(EUS-BD)。



 EUS下穿刺技術を応用したもうひとつの手技は、超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢破壊術(EUS - CPN)です(図2)。腹部癌性疼痛の中継点として知られる腹腔神経叢を、アルコール等を使用して破壊する手技です。体表からの腹腔神経叢へのアプローチは、EUSを使わない場合は極めて困難で、今までの方法では脊髄誤穿刺や動脈損傷で対麻痺などが起こる可能性があります。EUSを使うと、腹腔動脈のすぐ脇にある神経叢に比較的簡単にたどり着くことができるため、癌性疼痛の疼痛コントロールの有力な手段として期待されています。



 以上簡単ですが、消化器内視鏡分野で注目されているEUS、およびEUS 関連手技に関して、ご紹介致しました。当院でも近々この内視鏡機器を導入予定です。今後も今まで以上に質の高い内視鏡検査・治療を受けて頂ける消化器内視鏡センターを目指してまいります。


| Copyright 2013,05,01, Wednesday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

さまざまな内視鏡診療について

(この記事は2012年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)


葛西先生 内科部長・消化器内視鏡センター長 葛西 恭一


 消化器内視鏡センターは当院本館地下1階の画像診断センター内にあります。当院は日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されており、10名の内視鏡医(指導医 1名、専門医 6名)と8名の看
護師(内視鏡技師 3名)で日々内視鏡検査・治療を行っています。

 「内視鏡」とは太さ約1㎝、長さ約1mの柔らかいチューブで、体内の状態を体に傷をつけずに観察できる医療機器の総称です。体の様々な部分の観察に使用されますが、特に消化管(胃や大腸)の観察に最も広く使用され、発展してきました。

 現在当センターで行っている内視鏡診療について紹介します。



◆上部消化管内視鏡

 いわゆる「胃カメラ」と言われている検査でもっとも一般的な内視鏡検査です。平成23年度は年間約2,600件行いました。食道・胃・十二指腸を観察し、癌や潰瘍、ポリープ、胃炎などの診断に用います。最近では逆流性食道炎という病気が増えてきていますが、食習慣・生活習慣の欧米化が要因の一つと考えられます。胸焼けやゲップを自覚することが増えてきたと感じておられたら一度検査されることをお勧めします。また、最近NBIと呼ばれる特定の波長の光を用いて消化管を観察すると通常の光(白色光)では見えにくかった早期癌がより見えやすくなることがわかり、以前にもまして癌
をより早期に診断できるようになりました。(図1)早期の胃癌や食道癌は内視鏡切除が可能な場合が多いので、少しでも自覚症状のある方、自覚症状はなくても癌が心配な方は是非検査を受けて下さい。


◆下部消化管内視鏡

 肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸まで観察します。平成23年度は年間約1,200件行いました。日本人の大腸癌は増加傾向にありますが、早期発見できれば内視鏡切除や腹腔鏡下切除により治癒が期待できる疾患です。ただし、胃カメラに比べると、挿入時の苦痛が強いのではないかと不安に思っておられる方も多いと思います。当センターでは、患者様毎に異なっている大腸の形状、走向に対応するため、体内の内視鏡の形状が体外で確認できる内視鏡装置を採用しております。(図2)また、従来は内視鏡から「空気」を送り込むことにより大腸を膨らませて観察していましたが、現在は体内に吸収される「炭酸ガス(二酸化炭素)」を送り込む装置を用いておりますので術中、術後の苦痛はかなり軽減されます。これらの機器の進歩により安全で苦痛の少ない挿入を行っておりますので安心して検査を受けて下さい。また、胃カメラと同様にNBIや拡大観察による精密な検査が可能です。


図1
(図1)NBI拡大観察で確認できた
大きさ4㎜の早期胃癌

図3
(図3)内視鏡的に除去された総胆管結石

図2
(図2)体内の内視鏡の形状を右上のモニター画面で
確認しながら大腸内視鏡を挿入していきます。

◆胆膵内視鏡

 食物の消化に必要な「胆汁」と「膵液」は、胃の奥にある十二指腸から分泌されます。胆膵内視鏡検査は、十二指腸に挿入した内視鏡から胆管(胆汁の通路)と膵管(膵液の通路)に造影剤を注入してレントゲン撮影し、胆石症、膵炎、胆道癌、膵癌などの診断や治療を行います。平成23年度は約130件の検査を行い、総胆管結石の除去や胆管炎・黄疸を軽減させるチューブやステントの留置を多数例行っております。(図3)


◆腹腔鏡・内視鏡合同手術

 近年、より低侵襲な外科治療を目指して内視鏡医と外科医が合同で行う手術方法が開発される時代となり、実際に当院でもそのような手術を行っています(西陣だより2012年7・8月号で紹介しています)。今後この分野は更に発展するものと予想されます。


 消化器内視鏡センターは、より苦痛の少ない安全で確実な診断・治療を心懸けてスタッフ一丸となって努力していきますのでよろしくお願いします。



| Copyright 2012,09,01, Saturday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP /    BACK >

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)