NEWEST / < NEXT   BACK >

風邪とおくすりのはなし ー漢方薬ー

(この記事は2016年11・12月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



東野 公亮 薬剤部 薬剤師  東野 公亮


 11月から12月は、秋から冬に変わる月です。季節の変わり目に、風邪に罹る方が多くいらっしゃいます。
 これからの冬のイベントを楽しむために、風邪の予防を心がけましょう。


◆風邪とは?
 原因の多くは、ウイルスです(抗生物質は風邪のウイルスをやっつけてくれません)。
 37~38℃台の発熱、くしゃみ、鼻水、頭痛、寒気、せき、のどの痛みなどの症状が出ます。長引くこともありますが、1週間程度症状が続くものを指します。
 「風邪かな?」と思ったら、自分の症状をチェックしましょう(これをセルフメディケーションと言います)。軽度の風邪は、セルフメディケーションで対処できるケースが多いため、風邪症状を「かかりつけ薬剤師」と相談して、症状にあった風邪薬を選びましょう。

◆風邪の予防は? 
 風邪の予防には「こまめに手洗い」「マスク着用(鼻までおおう)」「症状の出ている人に近づかない(人ごみに行かない)」ことが基本です。
 ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、生姜など体を温める食事をバランス良く摂ることも予防につながります。

◆風邪に効く漢方薬って? 
 風邪で、病院・診療所を受診された際に漢方薬が処方されることがあります。
 その際出る漢方薬は、風邪の症状によって、使い分けられています。

漢方薬

 これらの漢方薬以外にも風邪の症状に合った漢方薬があります。また、これらの漢方薬は、まちの薬局やドラッグストアでも購入可能です。漢方薬についてご不明な点がある際は、薬剤師にご相談ください。


| Copyright 2016,11,01, Tuesday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

手術と麻酔に影響する サプリメント

(この記事は2016年9・10月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



薬剤師 薬剤部 薬剤師  國枝 亜矢香



 日常的に健康食品やサプリメントを使用されている方をよく見かけます。ドラッグストアだけではなく、インターネットやテレビ通販などで手軽に購入出来ることも一つの要因かもしれません。医療用医薬品や一般用医薬品とは少し異なるサプリメントですが、手術の予定がある方ではサプリメントを中止するよう説明しています。
 毎日飲み続けないと効果がないので手術前も入院中もサプリメントを飲んでいました、と言われる手術予定の入院患者さんが時々おられます。しかし、このようにサプリメントを中止しないと、手術をお断りする場合があります。

なぜ手術前にサプリメントを中止するのでしょうか?

 手術前にサプリメントを中止しないと、手術による出血の危険性を高めたり、麻酔が効きすぎたりすることで、安全な手術を行えない場合があります。
 このような予定外の危険(有害事象)が起こると、そのために新たなお薬を使用しなければならなくなるかもしれません。

 予期せぬ出血や血腫の危険性が高まる可能性のあるサプリメント
イチョウ葉エキス、魚油(EPA、DHA)、ガーリック(にんにく)、朝鮮人参、ジンジャー(しょうが)、ビタミンE など

 麻酔薬の作用を強めたり、心臓の機能に影響を及ぼしたりする可能性のあるサプリメント
セントジョーンズワートや朝鮮人参など

 ここに挙げたサプリメントは一部でしかありません。安全に手術を受けていただくために、医師や薬剤師は経験や知識から最も安全だと思える方法を提案していて、それが、「サプリメントを飲まないように」という、私達と患者さんとの約束です。
 手軽に飲めるサプリメントですが、手術の危険性を最小限にするためにも、手術前にはサプリメントの服用は控えて下さいね。


| Copyright 2016,09,01, Thursday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

脱水症と経口補水液

(この記事は2016年7・8月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



日置 透子 薬剤部 薬剤師  日置 透子

 梅雨が終わると、いよいよ夏本番ですね。
 猛暑日の中、脱水や熱中症を予防するためには、適切な温度調整に加えて、こまめな水分補給が大切になります。水分補給には、電解質を含んだ経口補水液やスポーツドリンクが欠かせません。
 今回は、経口補水液について紹介したいと思います。


◆脱水症とは
 体内の水分が不足している状態で、水分の取り方が足りない時や、身体のなかの水分が多く失われた場合に起こります。水分と一緒にナトリウムやカリウムなどの大切な電解質も失われます。
 脱水症状になると、血液量が減ることによる血圧低下や、神経や筋肉に悪影響が出ることによりこむら返りを起こします。
 また、放っておくと熱中症を誘発し、重症の場合は救急搬送されることもあります。
(症状)めまい、こむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、けいれん、意識障害など

◆経口補水液とは 
 電解質と糖質(ブドウ糖)が配合された飲料で、下痢や嘔吐、発熱、激しい(過度の)発汗、経口摂取不足などによって失われた体内の電解質や水分を補うことができます。
 経口補水液はスポーツドリンク(清涼飲料水)とは異なり、消費者庁から特別用途食品の中で病者用食品として指定されています。
 経口補水液は、他の飲料と比べてナトリウムやカリウムを多く含んでいるため、心臓や腎臓に負担をかけることがあります。
 高血圧、糖尿病、腎臓病など疾患がある方は、医師や薬剤師、管理栄養士にご相談ください。

経口補水液は一気に飲むのではなく、既定の量を少しずつ飲んでください。
また、経口補水液はあくまで軽度~中等度の脱水症状への適応です。
症状がよくならない場合はがまんせずに受診してください。


| Copyright 2016,07,01, Friday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

ジェネリック医薬品 について

(この記事は2016年3・4月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)



薬剤部 主任 牛嶋 麻紀

 最近では「ジェネリック医薬品」という言葉は広く世間に浸透し、よく耳にするようになりましたね。では、どんな医薬品なのかもう一度説明したいと思います。


◆どんな医薬品?

 新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、それと同じ有効成分で製造・販売される医薬品で、新薬と同一の有効成分を同一量含み、同一の効能・効果を持つ医薬品のことです。新薬と異なる添加物が使用されていることがありますが、有効性、安全性及び品質について国が厳格な審査をして、製造販売承認をしています。

◆どうして安いの?
 
 先発医薬品の研究開発には、長い歳月と莫大な投資費用が、コストとして薬の値段に反映されています。これに比べてジェネリック医薬品の場合、既に有効性や安全性について先発医薬品で確認されていることから開発期間やコストを大幅に抑えられ、結果として薬の値段も先発医薬品と比べて安く設定することができます。

◆これからは?

 少子高齢化が進む日本では、今後も医療費の増大が予想されています。ジェネリック医薬品の普及によって、一人ひとりの自己負担や国の財政・健康保険組合の負担などの削減、ひいては高齢化社会の進展によって増大を続ける国民医療費の抑制にもつながります。厚生労働省もジェネリック医薬品の普及を都道府県や医薬品メーカー、保険者などと共に進めています。

 西陣病院でも4月より後発医薬品の導入を予定しています。わからないことがあれば、かかりつけ薬局、当院薬剤部にご相談ください。


| Copyright 2016,03,01, Tuesday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

お屠蘇にも薬効が!

(この記事は2016年1・2月号の西陣病院広報誌『西陣病院だより』に掲載したものです)

お屠蘇


薬剤部 薬剤師 須山 奈見子



 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 今回は、新年ということで、「お屠蘇」について書いてみたいと思います。
 「お屠蘇」と聞くと、お正月にお酒を飲むことだろうと思いますよね。
 ところが、どうやら違うようなので、少し調べてみました。


 お屠蘇とは、「屠蘇散」という漢方薬を酒やみりんで浸けこんだ一種の薬草酒のことです。お正月にお屠蘇を飲むというのは、中国で始まったと言われています。これも諸説あるのですが、三国時代の名医「華陀」という人物によって作られた処方で、元旦にこれを飲めば邪気が払われ1年間健康で過ごすことができると言われています。日本には平安時代に伝わり、江戸時代に一般的に広まるようになりました。

 お屠蘇は、単なるアルコールではなく、薬草酒だったというわけです。

 「屠蘇散」に含まれる生薬は、多くて10種類、市販されている「屠蘇散」には一般的に、5~6種類配合されています。調合はそれぞれ微妙に異なりますが、代表的な生薬とその効能について簡単にまとめてみました。



 つまり「胃腸を健やかにし、身体を温め、風邪を予防する」という効果があるそうです。しかし、元旦の朝に一口飲むだけでは効果はほとんどありませんが、今年1年の健康を祈願する行事として続けられているのでしょう。

| Copyright 2016,01,01, Friday 12:00am administrator | comments (x) | trackback (x) |

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)