社会福祉法人 京都社会事業財団 西陣病院
〒602-8319 京都市上京区五辻通六軒町西入溝前町1035番地
TEL:075-461-8800  FAX:075-461-5514

2015年度 西陣病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
男性 0 17 42 48 102 190 485 806 662 117
女性 0 7 24 13 57 104 240 606 610 269
集計期間に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。年齢は退院した時点での年齢で集計しています。
年齢階層別では70歳以上の患者さんが最も多く全体の32%を占めています。
全体では70歳以上の患者さんが70%を占めており、幅広い年齢の方を診療している中で、特に高齢者を中心に診療を行っていることが分かります。

↑このページのTOPへ

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)-手術なし-処置2:なし 152 18.4 14.34461 3.3% 77.7
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 60 3.5 3.06875 0.0% 75.1
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 60 28.0 15.34905 0.0% 70.3
内科は消化器・循環器・呼吸器疾患等の区別なく、内科で担当しています。
内科は平均的に年齢が高めです。肺炎は、特に高齢者が罹りやすい疾患です。
上表2番目の狭心症・慢性虚血性心疾患は冠動脈造影、経皮的冠動脈形成術等を行っています。
上表3番目の2型糖尿病は、教育入院をはじめ薬物・食事・運動療法等を行っています。
上記以外に多い疾患は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術367件あり、それはこの分類には該当せず短期滞在手術等基本料を算定しています。

↑このページのTOPへ

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 54 5.5 6.95510 0.0% 57.6
060245xx97xxxx 内痔核-手術あり 20 3.1 6.00661 0.0% 64.2
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし 20 10.2 7.84286 0.0% 63.9
外科の症例中、約76%は手術が行われています。
虫垂炎や鼠径ヘルニアといった日常的な疾患から悪性腫瘍まで幅広く診療しています。
平均年齢も当院の中では比較的低めです。
上記以外に多い疾患は腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術75件、鼠径ヘルニア手術59件、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術18件などがあり、それらはこの分類には該当せず短期滞在手術等基本料を算定しています。

↑このページのTOPへ

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-その他の手術あり-処置2:なし 35 37.7 18.43994 2.9% 74.5
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 27 30.3 21.51653 7.4% 81.8
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 25 55.8 28.69544 4.0% 84.9
整形外科では、股関節・脊椎疾患を中心に高齢者から若年者までの患者さんをそれぞれの専門医が診療を行っています。
この他にも頸椎・腰椎ヘルニアなどの脊椎疾患、四肢骨折、変形性関節疾患等の手術を行っています。

↑このページのTOPへ

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
020360xx97xxxx 眼球の障害-手術あり 1 2.0 13.43269 0.0% 74.0
眼科での入院では、上表以外の白内障に対する水晶体再建術217件が最も多く、ほぼ100%近い患者数となっています。
これはこの分類には該当せず短期滞在手術等基本料を算定しています。

↑このページのTOPへ

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術等-処置1:なし-副病:なし 32 4.6 5.91122 0.0% 63.2
110070xx02020x 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 31 5.7 8.01540 0.0% 74.2
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置2:なし-副病:なし 28 5.1 9.71249 0.0% 71.0
上表1番目の上部尿路結石は、当院では体外衝撃波を使用しての治療はほぼ外来にて実施しており破砕しきれなかった結石や結石のある位置が体外衝撃波で割れそうにない場合には経尿道的手術にて行っています。
上表2番目の膀胱腫瘍における手術の大部分は経尿道手術となっています。
上表3番目の慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全については、教育入院が主となっています。
全般的に泌尿器科疾患は全国と比較すると在院日数は短いです。

↑このページのTOPへ

血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症-内シャント血栓除去術等-処置2:なし 175 2.1 3.40278 0.0% 74.7
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 112 13.5 13.63921 1.8% 76.5
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:1あり-副病:なし 26 22.4 15.39224 15.4% 71.2
透析療法を実施されている患者さんが400名弱おられ、上表1番目の手術・処置等の合併症はその方々のシャント狭窄等のシャントトラブルで拡張術が行われた症例です。
上表2・3番目は当院において透析療法を導入され、他院で継続して透析を受けられる患者さんもおられ転院率が高くなっています。

↑このページのTOPへ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 48 7 4 25 21 6 1 7
大腸癌 42 14 17 27 18 13 2 7
乳癌 0 1 0 0 0 3 1 7
肺癌 0 1 0 16 7 1 1 7
肝癌 10 8 1 1 6 37 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数は胃癌が最も多く、次いで大腸癌と、肝癌となっており消化器の癌を多く診療しております。再発癌では肝癌が最も多くなっています。
当院では、これら消化器の癌について内視鏡治療、腹腔鏡手術、開腹手術、抗がん剤治療、肝癌については経皮的局所療法(ラジオ波熱凝固療法、アルコール局所注入療法)、 肝動脈化学塞栓療法など患者さんや癌の状態に合わせた治療を選択することができるため、StageⅠからStageⅣまで幅広く治療を行っていることが分かります。

↑このページのTOPへ

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 23 9.9 55.3
重症度 1 86 31.3 83.0
重症度 2 34 28.9 86.0
重症度 3 5 91.6 85.2
重症度 4 1 29.0 81.0
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人(15歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数・平均在院日数・平均年齢を集計したものです。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎をいいます。)
全国的な傾向として肺炎は罹患率も高いうえ、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患に次いで国民の死亡原因にある疾患です。
当院では、肺炎重症度1の患者さんが多く、次いで重症度2の患者さんとなります。
平均年齢は重症度に関わらず高く、重症化はないものの在院日数は長くなっています。
これからも重症化する前に早期診断、早期治療に努めてまいります。

↑このページのTOPへ

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 12.0 90.3 0.0%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 50 33.6 78.3 5.5%
その他 5 23.0 79.2 1.8%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 2 14.0 81.0 0.0%
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では発症して3日以内の急性期脳梗塞が全体の92%と高率となっています。平均年齢は78~90歳で、高齢者の方が多くなっています。
脳梗塞は麻痺等による機能障害が残るため機能回復のために当院の地域包括ケア病棟にてリハビリテーションを行い在宅に退院する患者さんが多く、一部症状に応じて回復期リハビリテーション病院へ転院されています。このうち救急車を利用した患者さんは11名です。

↑このページのTOPへ

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 337 0.3 1.2 0.0% 68.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 64 2.9 17.2 0.0% 77.3
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 49 1.6 3.2 0.0% 74.8
内科は消化器・循環器・呼吸器疾患等の区別なく、内科で担当しています。
当診療科での手術は内視鏡を使用するものが多く、最も多いものは大腸ポリープ等を切除する手術です。次いで総胆管結石等に対して胆道にチューブ等を内視鏡を使って留置する手術となります。3番目は狭心症や冠動脈狭窄等に対して冠動脈にステントを留置する手術です。
内視鏡や経皮的に行う手術は低侵襲性治療で患者さんの負担や在院日数が軽減されます。

↑このページのTOPへ

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 78 0.4 2.0 0.0% 64.2
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 75 1.9 3.9 0.0% 59.4
K6335 鼠径ヘルニア手術 62 0.5 2.3 0.0% 72.2
当診療科では安全かつ低侵襲な手術を行っております。特に胆嚢摘出や鼠径ヘルニア、虫垂炎の手術では腹腔鏡を使用しています。
そのため開腹手術よりも手術から退院までの日数が短縮されています。

↑このページのTOPへ

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 39 5.1 27.0 2.6% 74.6
K0731 関節内骨折観血的手術(股) etc. 27 3.6 34.9 3.7% 76.3
K0732 関節内骨折観血的手術(手) etc. 20 2.6 10.0 5.0% 59.0
整形外科では、脊椎疾患、大腿骨骨折や鎖骨・膝蓋骨・手足骨折の外傷手術を多く行っています。
鎖骨骨折・膝蓋骨等骨折以外は平均年齢75歳と高齢となっており、術後のリハビリテーションを当院の地域包括ケア病棟及び他院の回復期リハビリテーション病棟で行っていただいています。

↑このページのTOPへ

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 216 0.0 0.9 0.0% 75.4
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 2 0.0 1.0 0.0% 67.5
K246 角膜・強膜縫合術 1 0.0 1.0 0.0% 74.0
眼科での入院では、白内障に対する水晶体再建術218件が最も多く、ほぼ100%近い患者数となっています。

↑このページのTOPへ

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 35 0.9 3.7 0.0% 74.8
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 34 1.7 7.9 0.0% 68.0
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 33 1.2 2.4 0.0% 63.2
当診療科で実施している手術では、膀胱癌に対する手術が最も多く実施しています。次いで尿管結石・水腎症・尿管狭窄等に対するステント術やレーザーで結石を破砕する手術を多く行っています。
これらは経尿道的に行う手術で当診療科で最も多く行っている手術方法です。

↑このページのTOPへ

血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 198 2.0 2.9 0.0% 75.0
K610-3 内シャント設置術 31 3.4 41.0 3.2% 73.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 17 2.1 3.3 0.0% 73.2
当診療科では、透析実施患者さんの内シャントに出来た血栓を除去する手術が最も多く、次いで内シャントを再設置する手術となっています。
3番目は合併症である下肢動脈硬化に対する血管拡張術になっています。これらは比較的平均在院日数は短いですが、再内シャント設置術については術後調整等により在院日数が長い患者さんもおられます。

↑このページのTOPへ

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.0%
異なる 9 0.2%
180010 敗血症 同一 3 0.1%
異なる 12 0.3%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 207 4.7%
異なる 1 0.0%
播種性血管内凝固症候群や敗血症は、入院中に免疫力が低下している場合もありウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。
これらは重篤な合併症であるため、今後も病院全体で減少に取り組んでまいります。
手術・処置等の合併症は、透析実施患者さんの内シャントに出来た血栓を除去する手術となります。

↑このページのTOPへ